1. Top » 
  2. by Kunitoshi » 
  3. 大飯原発について

大飯原発について

滋賀県の首長は、言わずもがな嘉田知事で、県民の「トップ」です。

東電の事故後、「再生エネルギー」という言葉のボリュームを上げ
一段と注目されました。が、国内の電力需要と供給バランスに対し、
忽ちに「再生エネルギー」で補えないことは最初から誰もがわかっていました。

今夏、関西地区は原子力を依存した発電なくして、
暑い夏季を乗り切れない。と判断し、政府は苦渋の決断で
大飯原発再稼働へ向け舵を切り、対外的にアナウンスしました。

民主党政府は問題ゴロゴロです。しかし、イザ!となれば
そこは責任政府ですから、国民の命と財産を守るべく、
真の有識者、真の専門家をしかるべく配置して何度も議論し
進むべき方向を示しました。

どの政党が政権を担っても、ここのところの基準は同じです。

嘉田知事はこれまで原発再稼働そのものに慎重態勢をとり、
県民へ、企業へ、関西広域連合へ、関電へ、国へ持論を展開し
主張してきましたが、一転容認し批判が集中しています。

再稼働容認の理由を「経済界などからの・・」との趣旨にはガックリ。

最初から予想がついた県内経済界への影響を棚上げし、
最後には経済界からの悲鳴を落としどころにしてしまいました。

トップとしての先見性、責任ある覚悟と主体性を欠いてしまった。
と言われても仕方ありません。

橋本市長は、たいして言い訳もせず、サバサバと謝罪して方向転換。

完全な人間なんて存在しません。

トップとして大切な押さえは「主体的な行動」を「するか・しないか」であり、
謝罪する勇気が「あるか・ないか」です。

国民に約束した民主党「マニフェスト」も同様です。

Page Top

こ ん に ち は !

滋賀県議会議員  

  • 滋賀県議会議員  
  • ありむら国俊
もっと くにとし!
2018年 大河ドラマ
「西郷どん」決定!!

先祖が度々登場するので
是非ご覧ください

西郷隆盛、大久保利通ら
加治屋町の幼なじみで
精忠組を結成した
薩摩藩士

長男-有村俊斉
次男-有村雄助
三男-有村次左衛門
四男-有村國彦
の曾曾孫。

長男の有村俊斉は
のちの海江田信義(子爵)
貴族院議員
奈良県知事
枢密院顧問官

娘の鉄子は日露戦争
連合艦隊司令長官
東郷平八郎の妻

薩摩藩から
二男の有村雄助
三男の有村次左衛門が
「桜田門外の変」に
参加。
享年26歳、23歳

文教・警察常任委員

文化スポーツ特別委員長

自民党 岡山支部長

自民近江八幡連協副会長

関西圏政治研修会
(2府4県)副代表

日野川改修期成同盟顧問

滋賀ロケーション
オフィス所属
数々のドラマに出演
タクシードライバーの
推理日誌など

愛知川地域
 水源対策推進協議会 顧問

日本舞踊「穂村流」顧問

日本拳法「龍皇会」顧問

平成防犯見廻り隊員

来歴
岡山小学校PTA会長

関西若手議員の会副会長

自民党県連青年局長

南津田町『眞念寺』
 長女と平成8年結婚。
 男子跡継が
 いないため、お寺環境
 に無縁の私ですが
 思い切って得度

平成25年住職の資格を得る

妻、子ども2人、義母
自民党
リンク
くにとし HPくにとし HP

新聞に掲載!新聞に掲載!

Kunitoshi TubeKunitoshi Tube

がんばれ!UNITE がんばれ!UNITE 

携帯カメラはコチラ
QR
ミクシィ