fc2ブログ

観光政策のさらなる発展へ

真夏のような一日でした。
今日も彼方此方と活動しました。

夕方から
近江八幡商店街連盟の懇親会へ。

本日の内外情勢調査会で安倍首相が述べた、
成長戦略の第三弾「民間活力の爆発」
について自分なりの考えでご挨拶。

懇親会では知り合いも、新しく知り合った方とも
様々な情報や意見交換ができました。

驚いたのは
以前、市当局の部長さんだった
近江八幡市議会議員の北川誠次さん曰わく、

有村さんの市議会での提案がついに実現しましたね!と。

さすが、よくぞ!憶えてくれていました。

お時間のある方は、ご一読ください→滋賀報知新聞

9年前の有村國俊、近江八幡市議会で提案した一部抜粋です。

さて、先ほどご回答いただきました中で、中心市街地を含む旧市街地の活性化は商業機能の再生だけでは実現するものではなく、文化を基本としたまちづくりを推進することで市全体の活性化につなげていきたいとのことでございました。これは無論、観光の分野においても施策強化を取り組まれることと解釈いたしました。これからも観光面の充実を戦略的に展開していかなければならないわけでございます。来年度予算では観光を目的に、お越しいただくお客様のために観光誘導案内看板の設置が盛り込まれていますが、観光整備の一環としてご提案させていただきたいことがございます。
 それは、八幡掘の付近で時代劇の映画やドラマの撮影がしばしば行われております。事実、豊臣秀次公のおられた時代からあの近辺には侍や商人がたくさん往来していました。現在も当時をしのぶ町並みや風情ある蔵、八幡川、神社、近江商人屋敷跡の伝建地区など、美しく点在しております。そのような背景から時代劇の映画やドラマの撮影が専ら盛んなわけでございます。突然ですが、京都市にあります東映太秦映画村さんを思い浮かべていただきたくお願い申し上げます。現地をイメージしていただきますと何を想像されますでしょうか。映画村に訪れたことがある方は恐らく日本刀を身につけたちょんまげ、かつらをかぶった侍の役者さんを思い浮かべられるのではないでしょうか。本物の侍ではないわけでございますが、映画村のセットとともにその時代をほうふつと連想させる手段として、これは極めて臨場感のある演出方法でございます。それと同じような手法で本市におきましても、例えば土曜、日曜日の午後の時間帯だけに限って侍や近江商人の装いをした数人のエキストラグループが八幡掘や日牟礼八幡宮付近を、さらに近江商人の屋敷跡の伝建地区を中心に散策すれば文化の薫りづけができますし、その上新しい思考の創造も可能でございます。当然、侍や近江商人の出没は周辺の景観にほどよくマッチしますので、何よりも観光にお越しくださる方々に対しましても意表をついた手法として喜んでいただけるのかもしれません。これは他の自治体にない新しい試みでございますので、将来にわたって近江八幡市を記憶にとどめていただけるものとして期待できます。 さらに、この趣旨に従いまして、できれば市内の観光文化施設の職員さんやソーラー和船の水郷めぐりの船頭さん、観光ご案内役の観光ボランティア協会の皆様にもご賛同していただくことができれば、現在の服装の再考を賜ることも一案ではないかと本気で考えております。本件につきまして、ぜひ観光物産協会など関係機関とご協議いただきたいとご提案申し上げますが、ご見解を賜りたくお願いいたします。
もっと くにとし!
薩摩藩士
西郷隆盛・大久保利通の
幼なじみで共に精忠組を
立ち上げ明治維新を駆け
抜けた。

長男-有村俊斉
次男-有村雄助
三男-有村次左衛門
四男-有村國彦
の曾曾孫。

長男の有村俊斉は
のちの海江田信義
(子爵)

明治23年
渋沢栄一と同僚の
貴族院議員

奈良県知事
枢密院顧問官

娘の鉄子は日露戦争
連合艦隊司令長官
東郷平八郎の妻

水戸藩+薩摩藩からは
次男の有村雄助
三男の有村次左衛門が
桜田門外の変に参加。
享年26歳、23歳

有村國彦が家を継ぎ
有村國太郎
有村國秀
有村國宏(私の父)
の代で滋賀に移住

有村國俊 経歴
東京都生まれ

近江八幡市議会議員2期
近江八幡市議会副議長
滋賀県議会議員3期

文教・警察常任委員長
文化スポーツ特別委員長
土木交通・警察・企業
常任委員長
議会代表 監査委員

自民党滋賀県青年局長
自民党滋賀県組織委員長
自民党滋賀県副幹事長
自民党滋賀県政調会長
自民党岡山支部長
自民党近江八幡連協会長

安土城復元推進協議会顧問
関西圏政治研修会
(2府4県)副代表
日野川改修期成同盟顧問
滋賀ロケーション
オフィス所属
数々のドラマに出演
タクシードライバーの
推理日誌など

愛知川地域
水源対策推進協議会 顧問
日本舞踊「穂村流」顧問
日本拳法「龍皇会」顧問
平成防犯見廻り隊員
岡山小学校PTA会長

南津田町『眞念寺』の
長女と平成8年に結婚。
男子跡継が不在のため
猛勉強して試験に合格
現在は住職

妻、子ども2人、義母
facebook