fc2ブログ

滋賀報知新聞に本日掲載されました!!   

近江(滋賀)400年の時を経た リベンジ!! 

滋賀県議会議員 ありむら国俊
 

私の歴史好きの原点は大河ドラマですが、今年は三谷幸喜さんの脚本による「真田丸」が好評を博しています。「ひょっとしたら今回は、徳川方が負けて家康が討ち取られるのでは?と思うぐらいの希望に満ちた前向きな真田信繁(幸村)を大坂の陣で描きたい」と喜劇作家の三谷さんらしいコメントを見つけました。
最終回まで三谷ワールドの戦国時代を楽しみたいと思います。

さて、滋賀県は来年10月の開設へ向けて「首都圏情報発信拠点」の整備を進めています。
場所は八幡商人ゆかりの東京日本橋の中心部、日本橋高島屋北側にある東京日本橋タワー(2期工事建設中)の1階・2階です。

情報発信拠点の機能は、滋賀の物販や観光案内に加え企画催事、近江の食材(米・牛・茶・野菜・湖魚)の体感、地酒・琵琶湖八珍・B級グルメの提供、ビワイチ・忍者・飛び出し坊や・けいおん・ちはやふる等のクールな体験、移住交流やUIJターンの初動サポートなどです。

マーケットのリサーチを重視し全国そして世界から集まる人々に滋賀を丁寧にアピールしつつ、生産者や生産地にフィードバックする拠点にしたいと思いを巡らしています。

ところで、東京一極集中の是正・災害対応力の強化・国政全般の改革を目指す首都機能の移転は常に加速化しなければならない国の重要な課題です。

私は防災力・交通システム・環境(琵琶湖)・歴史上から最適な首都機能の移転先は滋賀であるべきと認識しています。
この機運を県内外から盛り上げていく手段として拠点を多岐にわたって活用し、様々なメディアを通して戦略的に滋賀の上質な魅力を提示するための営業活動を手広く展開したいと考えています。

歴史に「たら」・「れば」はありませんが、本能寺の変がなかっ「たら」、秀頼公が生まれていなけ「れば」、西軍が勝ってい「れば」、政治の拠点は「近江」であった可能性が極めて高く、少なくとも「江戸」ではなかったと思います。

首都機能の滋賀への移転は、織田信長公(安土城主)、豊臣秀次公(八幡山城主)、石田三成公(佐和山城主)による400年の時を経たリベンジを髣髴(ほうふつ)とさせます。

関ケ原の戦いは日の本を二分する大戦(おおいくさ)でした。
私たちの先祖も辿れば其々に多様なご縁があると思います。

もし関ケ原の戦いにご自身が参戦するとしたら「西軍」、「東軍」どちらに陣取りますか?
秋の夜長の話題に如何でしょうか。
もっと くにとし!
薩摩藩士
西郷隆盛・大久保利通の
幼なじみで共に精忠組を
立ち上げ明治維新を駆け
抜けた。

長男-有村俊斉
次男-有村雄助
三男-有村次左衛門
四男-有村國彦
の曾曾孫。

長男の有村俊斉は
のちの海江田信義
(子爵)

明治23年
渋沢栄一と同僚の
貴族院議員

奈良県知事
枢密院顧問官

娘の鉄子は日露戦争
連合艦隊司令長官
東郷平八郎の妻

水戸藩+薩摩藩からは
次男の有村雄助
三男の有村次左衛門が
桜田門外の変に参加。
享年26歳、23歳

有村國彦が家を継ぎ
有村國太郎
有村國秀
有村國宏(私の父)
の代で滋賀に移住

有村國俊 経歴
東京都生まれ

近江八幡市議会議員2期
近江八幡市議会副議長
滋賀県議会議員3期

文教・警察常任委員長
文化スポーツ特別委員長
土木交通・警察・企業
常任委員長
議会代表 監査委員

自民党滋賀県青年局長
自民党滋賀県組織委員長
自民党滋賀県副幹事長
自民党滋賀県政調会長
自民党岡山支部長
自民党近江八幡連協会長

安土城復元推進協議会顧問
関西圏政治研修会
(2府4県)副代表
日野川改修期成同盟顧問
滋賀ロケーション
オフィス所属
数々のドラマに出演
タクシードライバーの
推理日誌など

愛知川地域
水源対策推進協議会 顧問
日本舞踊「穂村流」顧問
日本拳法「龍皇会」顧問
平成防犯見廻り隊員
岡山小学校PTA会長

南津田町『眞念寺』の
長女と平成8年に結婚。
男子跡継が不在のため
猛勉強して試験に合格
現在は住職

妻、子ども2人、義母
facebook