fc2ブログ

戦国ワンダーランド滋賀

午前、近江八幡市役所の職員の皆様方が自宅に
お見えになり、知事要望について内容の確認など。

午後は、県庁で、財政課の監査。
監査委員で協議など。

ところで、大津へ向かう道中で、前を走る車に
「戦国ワンダーランド」のステッカーを見つけました。

歴史好きの私は、戦国と聞くと、ワクワクします。

しかし?? ん???

ついこの間の、15日、お盆と終戦の日。
戦争の悲惨さも、負けた故のマイナス思考の脱却も大事と
思っていた矢先だったので。

はて、
同じ戦争なのに、「戦国ワンダーランド」の受け取り、
感じ方が、先の大戦と真逆なのは、なぜ?
矛盾を感じた次第でした。

15日に向けて、滋賀報知新聞に寄稿した記事を下記します。
お時間あれば、ご覧いただければ幸いです。


「奇襲となってしまった、真珠湾攻撃」。       

昭和20年の終戦から75年目の夏。
思い起こせば、敗戦が故に、私たち日本人は悪いことをしました。という戦後の教育がありました。

しかし、これでは、自分の国に誇りを持つことができません。

遡ること、幕末・明治・大正・昭和の時代に、欧米列強が植民地主義を掲げて進出するなか、
特に、南下政策を進めるロシアへの対抗が不可欠であったこと。

ABCD包囲網(アメリカ・イギリス・中国・オランダ)により、日本の近代工業に必要な石油や
物資をストップさせたこと。アメリカが、一方的に日本に突きつけた、無理難題の「ハル・ノート」は、到底受け入れられないものでした。

日本は、真珠湾攻撃に向け、連合艦隊をハワイ沖に送り出すにあたり、アメリカに対し合法的に開戦通告の準備を整え、山本五十六司令長官も「くれぐれも騙し討ちにならぬよう」と念を押しました。

それにもかかわらず、野村氏・来栖氏(ワシントンにある日本大使館大使)が、真珠湾攻撃の開始から、55分も遅れてから、アメリカのハル国務長官に通告書を渡すという最悪の事態となりました。

その後、ルーズベルト大統領は、この失態を最大限に利用し、日本の卑劣極まりないやり方として、
世界中に吹聴し、印象付けたのは周知の通りです。

戦後の東京裁判で、日本側は「大使館員の不慣れなタイプ打ちのため通告時間が遅れてしまった」と証言しましたが、実は開戦の前日、外務省は「これから長文の外交文書の電報を送る。改めて通知する時刻にアメリカ側へ手渡せるよう万端の準備をしておくように」と事前にきちんと日本大使館に指示を出していました。

ところが、日本大使館では、この日の夜、同僚の送別会が予定されていて、一人残らず大使館を離れてしまったのです。重要な予告電報よりも、送別会を優先させたのです。

外務省が、開戦当時の一連の経緯を、ようやく認めたのは、平成6年のことです。
(『かくて昭和史は甦る』渡辺昇一著より)

私は、アメリカ人が言う「リメンバー・パールハーバー」を聞くたびに辛くなります。

理由は、古来より礼節を知る日本人が、今もなお誤解されていること。海を渡り、遠い戦地で亡くなられた方々の、否定に繋がることを危惧するからです。

先の大戦で、日本の戦没者は、310万人。何を想い、何を励みとして日々過ごされたのか。
それは疑いもなく、家族、友人、恋人であったと私は信じます。

お盆の8月15日は、いろんな想いをのせて、お参りさせていただきたいと思います。
もっと くにとし!
薩摩藩士
西郷隆盛・大久保利通の
幼なじみで共に精忠組を
立ち上げ明治維新を駆け
抜けた。

長男-有村俊斉
次男-有村雄助
三男-有村次左衛門
四男-有村國彦
の曾曾孫。

長男の有村俊斉は
のちの海江田信義
(子爵)

明治23年
渋沢栄一と同僚の
貴族院議員

奈良県知事
枢密院顧問官

娘の鉄子は日露戦争
連合艦隊司令長官
東郷平八郎の妻

水戸藩+薩摩藩からは
次男の有村雄助
三男の有村次左衛門が
桜田門外の変に参加。
享年26歳、23歳

有村國彦が家を継ぎ
有村國太郎
有村國秀
有村國宏(私の父)
の代で滋賀に移住

有村國俊 経歴
東京都生まれ

近江八幡市議会議員2期
近江八幡市議会副議長
滋賀県議会議員3期

文教・警察常任委員長
文化スポーツ特別委員長
土木交通・警察・企業
常任委員長
議会代表 監査委員

自民党滋賀県青年局長
自民党滋賀県組織委員長
自民党滋賀県副幹事長
自民党滋賀県政調会長
自民党岡山支部長
自民党近江八幡連協会長

安土城復元推進協議会顧問
関西圏政治研修会
(2府4県)副代表
日野川改修期成同盟顧問
滋賀ロケーション
オフィス所属
数々のドラマに出演
タクシードライバーの
推理日誌など

愛知川地域
水源対策推進協議会 顧問
日本舞踊「穂村流」顧問
日本拳法「龍皇会」顧問
平成防犯見廻り隊員
岡山小学校PTA会長

南津田町『眞念寺』の
長女と平成8年に結婚。
男子跡継が不在のため
猛勉強して試験に合格
現在は住職

妻、子ども2人、義母
facebook