fc2ブログ

大戸川ダム 再び着工へ

大戸川ダム建設が明記された、国土交通省近畿地方整備局の淀川水系河川整備計画変更案に同意する知事意見案を、昨日の滋賀県議会6月議会で可決しました。

そもそもの経緯は、1953年、大戸川が集中豪雨により氾濫、流域一帯で死者44名、負傷者130人以上の被害が生じました。その後も氾濫被害が続いたため国土交通省近畿地方整備局は1978年着手により、洪水を防ぐことを主な目的として琵琶湖から近いこの場所に計画したのが大戸川ダムです。

ところが、30年後、事態は一変。大戸川ダム建設は凍結されてしまいました。凍結する必要がなかったのに凍結されてしまいました。

今はなき民主党の「コンクリートから人へ」のスローガンのもと、ダムは時代に合わない大型公共事業の象徴として全国のあちこちで工事が凍結、中止が宣言がされました。根底はコンクリートの公共事業を悪に仕立てたもので、ダム・橋梁・高規格道路など。 

 滋賀においては失われた13年となりました。時間も、労力も、地元の方々の気持ちも。 

 私は「近年の集中豪雨の影響を考えれば大戸川ダムはやはり有効である」の論評を聞くたびにとても悔しい思いをしています。 そんなことは何十年も前から集中豪雨が続いていて、わかっていることではないか!と。 だから洪水を防ぐことを主な目的として琵琶湖から近いこの場所に1978年に着手したのが大戸川ダムではないか!と。

前知事や民主党政権が関与しなければ、大戸川ダムはとっくに出来上がっていたのです。 国土交通省近畿地方整備局によると、大戸川ダムは、これから正式な計画を策定して建設予定地の地質調査や詳細設計を行い、着工までに4~5年、着工から完成までに8年かかる見通しとのこと。

まさに、失われた13年。向こう13年間の洪水被害は誰が責任を負うのか!と私は思います。
もっと くにとし!
薩摩藩士
西郷隆盛・大久保利通の
幼なじみで共に精忠組を
立ち上げ明治維新を駆け
抜けた。

長男-有村俊斉
次男-有村雄助
三男-有村次左衛門
四男-有村國彦
の曾曾孫。

長男の有村俊斉は
のちの海江田信義
(子爵)

明治23年
渋沢栄一と同僚の
貴族院議員

奈良県知事
枢密院顧問官

娘の鉄子は日露戦争
連合艦隊司令長官
東郷平八郎の妻

水戸藩+薩摩藩からは
次男の有村雄助
三男の有村次左衛門が
桜田門外の変に参加。
享年26歳、23歳

有村國彦が家を継ぎ
有村國太郎
有村國秀
有村國宏(私の父)
の代で滋賀に移住

有村國俊 経歴
東京都生まれ

近江八幡市議会議員2期
近江八幡市議会副議長
滋賀県議会議員3期

文教・警察常任委員長
文化スポーツ特別委員長
土木交通・警察・企業
常任委員長
議会代表 監査委員

自民党滋賀県青年局長
自民党滋賀県組織委員長
自民党滋賀県副幹事長
自民党滋賀県政調会長
自民党岡山支部長
自民党近江八幡連協会長

安土城復元推進協議会顧問
関西圏政治研修会
(2府4県)副代表
日野川改修期成同盟顧問
滋賀ロケーション
オフィス所属
数々のドラマに出演
タクシードライバーの
推理日誌など

愛知川地域
水源対策推進協議会 顧問
日本舞踊「穂村流」顧問
日本拳法「龍皇会」顧問
平成防犯見廻り隊員
岡山小学校PTA会長

南津田町『眞念寺』の
長女と平成8年に結婚。
男子跡継が不在のため
猛勉強して試験に合格
現在は住職

妻、子ども2人、義母
facebook